スポンサーリンク

耳鳴りには種類がある?キーン以外の音!?種類によって診察!?

スポンサーリンク
健康-育児
スポンサーリンク

みなさんは耳鳴りをしたことがありますか?



耳鳴りには音の種類があって、

キーンという音以外にもウィーンって音や

エンジン音のような音がすることもあります。


また、ガサガサ・カチカチ・ギシギシ等色々な音があります。


お医者さんは、
患者さんから聞いた音の種類によって診察したりします。

そのため、
耳鳴りがしたらどんな音だったかを正確に伝える必要があります。

キーンという音の耳鳴りは、

血液のめぐりが悪い時に発生する場合が多いです。



長時間同じ姿勢でいると頭への血の巡りが悪く、

突然立ち上がったときにキーンという音の耳鳴りがします。


できる限り、

手足を動かしたりしながら血の巡りを循環させることで

耳鳴りの発生を防ぐことができます。

現代社会では
長時間パソコンで作業をしないといけない時ってありますよね。


そのような方が急に立ち上がると

耳鳴りがしたり立ちくらみがしたりします。

だからといって仕事中に運動するわけにはいきませんが、

一番いい方法としては立ち上がる前に一度背筋を伸ばしてみたり、

足を伸ばすと良いです。

このような屈伸運動を座りながらすることで、

体内の血液の流れを良くすることができるようになって

それが突然の耳鳴りを防ぐ役割を果たすのです。


他にもどんな種類の耳鳴りがあるのでしょうか??


スポンサーリンク

耳鳴りの種類はどんなのがあるの??ほかの音はどんなことが原因?

耳鳴りにはいろんな音があると前半でお伝えしましたが、

ほかにはどんな音があるのでしょうか?

起き上がったときや、

立ち上がる時にウィーンという音を聞いたことはありませんか?



そのような音を聞いた場合は貧血の場合があります。


貧血はたちくらみを引き起こすだけでなく

耳鳴りの発生も促します。



鉄分を含む食事を心掛け

食事を改善することで立ちくらみが減り、

耳鳴りの発生も防ぐことができることでしょう。


珍しい場合では、

耳垢が奥にはいって耳の奥の鼓膜に影響を与えた場合にも

ウィーンという音がする時があります。


迷って時は耳鼻科に行き

お医者さんの診断に任せること方がよいでしょう。



現在、
耳垢は耳鼻科でとってもらった方が

きれいに取れると言われていますよ。

耳鳴りが気になって仕事に集中できないという風に、

耳鳴りが日常生活の妨げになる場合があります。


かなり長期間にわたって

耳鳴りの症状に悩まされている人は

早めに病院受診をお勧めします。


耳鳴りがたまにするぐらいの人は、

生活習慣が悪い場合があります。



対策方法としてどんなものがあるのでしょうか??


耳鳴りの種類は多い?対策・改善方法とは?

耳鳴りにはたくさんの音の種類がありますが、

病気が隠れている場合があります。



その場合は病院受診をする必要があります。


しかし、
そうでない軽度の場合は
生活習慣の見直しで改善される場合もあります。


また、別の対策方法として、
ツボ押しというのもあります。


まずツボ押しですが耳のツボを押すのですが、

場所が耳門・聴宮・聴会(じもん・ちょうきゅう・ちょうえ)

というのがあります。


耳の前側にある出っ張りの前と、

その上下にある窪みがあるのでそこをおします。


耳鳴りは疲労の蓄積やストレスが原因という場合が多いので、

リラックスした状態でゆっくり30秒くらい時間をかけておします。



強くおすのではなくて、

中指で軽く押すように刺激するだけでいいのです。


他にも、
耳鳴りを感じる人は

耳鳴りに意識がいきすぎているというのがあります。


耳鳴りが鳴っていることばかり気になってしまうと、

耳鳴りがひどく感じてしまうということがあります。


その耳鳴りへの注意をなくすことが、

耳鳴りの改善としていいとされています。

例えば、何かに集中できるものを探すことがいいとされています。

絵画やヨガ・音読・スポーツなどがいいとされています。

他に集中するのができることで、
耳鳴りへの注意がなくなりますね。


また、
寝る時にスピーカーやアラームのなるものを

近くに置かないようにするのもよい方法とされています。

携帯のアラームを利用するかたもいると思います。



少し不便ではありますが枕元ではない場所に置くことで

耳鳴りが少し改善されると言われています。

あとは、自然な音を聞くのが耳鳴りに良いとされています。


川のせせらぎや、滝の音、

木の葉がこすれ合う音などがよいです。

自然に聞き流すことで、

耳鳴りへの注意をそらすことができるからです。

しかし、
ここで注意点は自然の音がいいということで

海の音や波の音を聞く方もいると思いますが、

波の音のような大きな音の変化があるものは避けた方がよいです。

これらの対策方法は、

耳鳴りを完全になくすことはできないです。



耳鳴りからの注意をそらして
耳鳴りを気にならなくすることが目的です。

一番は病院で受診することがよいので
気になれば早めに受診をされてください。


まとめ

今回は耳鳴りについてお伝えしてきました。


耳鳴りには様々な音の種類があって、

それでどんな症状なのか分かります。



その音によって、
病院の先生は診断することもあるので

どんな音だったかを伝えられるようにするとよいでしょう。


耳鳴りの原因には、

生活習慣を改善することでやわらぐ場合もあります。


または、
ツボ押しや耳鳴りの注意をそらすことをやっていくことで耳鳴りと、

うまくつきあっていくことが大事になってくるでしょう。

健康-育児耳鳴り
スポンサーリンク
スポンサーリンク
swollaws1をフォローする
スポンサーリンク
価値のある情報を提供。
タイトルとURLをコピーしました