スポンサーリンク

これだ!ひな祭りの由来を子どもに聞かれても問題なし。何で?にも対応できる。

スポンサーリンク
ひな祭り
スポンサーリンク

女の子のお祭りといえば?

そう!ひな祭りですね♪

女の子のいるご家庭ではちょっとしたパーティーをするなんて方もいるのではないでしょうか?(^^)

私も子どもだった小学生の頃、

友達の家でひな祭りパーティーをした思い出があります!

その子の家には5段の雛人形があって感動したのをよく覚えています(・o・)

ただ、ひな祭りっていつから始まったのか、そのそもそも何のためのお祭りなのか?

あまり詳しく知らない方も多いのではないでしょうか?

私もその1人です(笑)

ですので、
共にひな祭りとは何なのかを学んでいきましょう♪

小さなお子さんがいるご家庭でパーティーをすることが多いと思うので、

子どもでもわかりやすい解説をしていきます(^-^)/

スポンサーリンク

ひな祭りの由来は?保育園児もにも分かりやすく説明しよう。

そもそもひな祭りとは何なのか?

改めてお伝えします!

大人が理解していないと小さい子どもに分かりやすく伝えるのはなかなか難しいので、

まずは私たち大人が勉強をしていきたいと思います!

ひな祭りとは3月3日に女の子の健やかな成長と幸せを願ってお祝いをする、桃の節句のことです。

桃の花が咲き始める時期でもあるので桃の節句と呼ばれています。

もともとは2つの別の風習だったものが、

しだいに結びついて現代のひな祭りになったと言われています。

1つは雛遊びというもので、

平安時代に貴族の女の子たちが天皇御所をイメージして飾り付けをして遊んでいたことを指します。

もう1つは流し雛というもので、

和紙や藁で作った人がたに災いや病気を移して持っていってもらえるように、

川や海に流していたことを指します。

この2つが広まる際に、くっついて今のようなひな祭りになったと言われています。

時代が進むにつれ、美しい人形を作れるようになったために、

流すのではなく飾るという風習に変わっていきました。

最近ではなかなかないですが、

ひと昔前には上流階級の方は嫁入り道具として豪華な雛人形を持たせていたようです。

雛人形はあれば確かに嬉しいですが、

そんな豪勢なものいらないよ!とも思ってしまいますね(笑)

上流階級の方はそうは思わないのかもしれないですね(^^;

より豪華にしよう!ということもあってか、どんどんと雛人形の段数も増えていったようです!

もともとはお祓いの儀式としての色が強かったひな祭りですが、

だんだんと形を変え、しだいに現代のような人形を飾り、

女の子の健やかな成長と幸せを願う行事になったと言われています♪

聞き慣れない言葉もあったかとは思いますが、大人向けに説明するとこのような感じです!

ただこれだと小さな子には難しすぎるのでポイントを押さえて教えてあげましょう!

保育園に行っているぐらいの小さい子でも分かるように伝えてあげたいので

こんな伝え方がいいのではないかと思います!

「ひな祭りはお人形を飾って〇〇ちゃんか元気に大きくなれますように〜!ってお願いする日だよ!」

言葉が分かりはじめてきた子にはこのぐらいの感じでも十分だと思います!


もっとひな祭りの由来を子供に向けて伝えてみよう!

もう少し大きいお子さんになると、もっと知りたがる子もいますね♪

そんな興味ありありなお子さんにはもっと多くのポイントを押さえて教えてあげましょう♪

「ひな祭りは女の子が元気で幸せに暮らせますようにって願いを込めて雛人形を飾ってお祝いする日なんだよ。」

「昔は和紙とか藁を人がたにして病気とかを持っていってもらうために川に流していたんだけど、

だんだん可愛いお人形さんが作れるようになって今みたいに飾ってお祝いするようになったんだよ。」

どんなことをする日なのか、


そしてその由来を難しくならない程度に教えてあげると、なるほど!となってくれると思います♪


こんな感じでお子さんに教えてあげて一緒に雛人形を飾り付けしましょう(^^♪


まとめ

ひな祭りの由来、少し意外なものでしたね!

2つの風習が合わさったものとは知りませんでした!

子どもの頃にひな祭りをやるイメージですが、

大人になった今でもお友達同士でひな祭りパーティーをしても楽しいかもしれないですね♪


女の子の赤ちゃんが生まれて初めての3月3日、

初節句にはぜひご家族みんなでひな祭りの由来を子どもと話しながらお祝いしてあげてくださいね♪

ひな祭り
スポンサーリンク
スポンサーリンク
swollaws1をフォローする
スポンサーリンク
価値のある情報を提供。

コメント

タイトルとURLをコピーしました