スポンサーリンク

血液の落とし方?ソファーの血液の落とし方を徹底解説!

スポンサーリンク
住まい
スポンサーリンク

みなさんは家にあるソファーに

血がついちゃったことってないですか??

子どもの鼻血をついてしまった・・とか

うっかり経血が漏れてしまったということも。

ソファーは洗濯機や

手洗いすることは難しいですよね。

そこで
自分でできる落とし方を

今回お伝えしていこうと思います。

まず初めに、
ソファーには皮や布の素材が異なります。

そこで
それぞれの素材に合わせた専用クリーナー洗剤を

使ってみましょう。

家にある場合は、

先にそれを使って落としてみましょう。

色落ちしないか、

目立たない場所で試してみる方がよいかもしれません。

または、
どの家庭にもある中性洗剤を

使ってみるとよいでしょう。


中性洗剤を薄めて、

ハンカチなどの布に染み込ませて

血液部分の汚れに叩くように擦りつけます。

ここでだいぶ布に血液がついてきます。

その後に、

水で濡らしたタオルでついた洗剤部分を拭き取ります。

洗剤部分を拭き取ったら、

よく乾いたタオルで水分を拭き取りましょう。

最後はよく乾かすだけです!

しかし、
この方法はある程度は落ちるのですが、

少しシミが残ってしまう場合があります。

他にも酸素系漂白剤を使う方法もあります。

血液には弱アルカリ性の洗剤がよいので

この方法も有効でしょう。

気を付けてほしいのが、

塩素系漂白剤を使ってしまうと

色落ちしてしまうので注意が必要です。

これらの方法が、

血液がソファーについた時の

瞬時にできる落とし方になります。

ソファーだけでなく

血液で汚れたものを落とす場合には

注意点があります。


それはどんなことでしょうか??


スポンサーリンク

血液汚れの落とし方に注意点?落とすポイントとは??

先ほどはソファーに血液がついたとき、

落とす方法についてお伝えしましたが

落とし方に注意点があるのを知っていましたか??


その注意点が3つあります。

一つ目に、熱いお湯は使わないという事です。

お湯を使えば落ちやすいという

イメージを持っているかたもいると思いますが、

血液は別です。

血液はたんぱく質なので、たんぱく質は

お湯を使うと固まってしまう性質があります。

だからといって

冷たすぎると汚れの落ちは良くないです!

そのため、固まる温度の50~60℃以下で、

なおかつ20℃以上の温度

一番汚れが落としやすい温度となります。


二つ目は、汚れを放置しないという事です。

常識かもしれませんが、

汚れは放置すれば放置するほど

汚れは落ちにくくなります。

血液は特に、

酸化してしまうので

汚れがどんどん落ちなくなります。

汚れたら早めに対処するのが一番良いでしょう。

三つ目は、アルカリ性の洗剤を使うという事です。

血液はたんぱく質が主な成分で酸性なります。

汚れを落とすには酸性とは真逆の性質の

アルカリ性や弱アルカリ性の洗剤を

使うとよいでしょう。


すると汚れが中和して落ちやすくなります。

しかし、
ここには注意点があり

アルカリ性は皮製品の物に使うと

皮を傷めることになるで、

使わないようにしてください。


皮製品は専用の洗剤か、

食器洗い洗剤のような中性洗剤を使いましょう!


これらが、
血液汚れの落とす時の注意点になります。

しかし、なかなか落ちないこともありますよね。

最近では、

ソファーや、車のシートなど、

手洗いや洗濯ができない部分によいアイテムがあるのを

ご存じでしょうか?

それはいったいどういったものなのでしょうか??


血液汚れの落とし方?!便利なアイテムとは?

最近、
手軽にソファーの血液汚れ等の

汚れを落とすアイテムがあるのを知っていますか?

それが、
リンサークリーナーといった家電です。

それらは、
汚れている部分に水をスプレーして

掃除機のようなもので汚れを吸い取る

といった仕組みになっています。


吸った部分とそうでない部分が分かるくらい、

汚れがきれいになります!


吸った後の水が、

茶色の色になるくらいきれいに汚れを

吸い取ることができたというのが分かるので

気分もすっきりします。


これらの家電を使うことで、

綺麗にソファーの汚れを落とすことができますよ。


まとめ

今回は
血液汚れの落とし方で、

ソファーの場合はどうするのかお伝えしてきました。


ソファー汚れは素材にあわせて、

その専用クリーナー洗剤を使うとよいです。


他にも
どの家庭にもある食器洗い洗剤のような中性洗剤を

布に染み込ませて、

汚れている部分に叩くようにこすりつけます。


そのあと、
水を含ませた布で洗剤を拭き取り乾いた布で

再度水分をとり乾かします。

他にも酸素系漂白剤を使う方法もお伝えしてきました。

また、
血液を落とす注意点として

熱いお湯を使わないことや、

汚れを放置しないことがあります。


他にも、

アルカリ性の洗剤を使う事をおすすめしてきました。

この注意点を守りながら、

便利なリンサークリーナーなどの

家電をつかったりすることで

血液汚れをきれいに落とすことができます。


気になる汚れを落とすことで、

気分もすっきりすることでしょう。

タイトルとURLをコピーしました