スポンサーリンク

恐怖症の診断テスト基準は?実は○○種類の恐怖症があった!?

スポンサーリンク

何かに強い恐怖を感じる…もしかしたら恐怖症なのかもしれない。

と思ったことはありますか?

恐怖症と呼ばれる症状はその対象や状況によるものなので、

200種類を超えて存在すると言われいます!

あなたの感じているその恐怖や不安も、

お医者さんに相談するともしかしたら恐怖症の診断がつくかもしれません。

今回は、恐怖症と診断されるのどういう場合なのか、

その基準などもご紹介していきます♪


スポンサーリンク

【あなたは何かの恐怖症?簡単診断メーカーでチェックしてみよう!】

みなさんは何かしら怖いものはあると思いますが、

それが恐怖症と呼ばれるレベルのものなのか?判断しにくいと思います!

いくつかの簡単な質問に答えるだけで恐怖症か分かる

「診断メーカー」を用意したのでやってみてください(^^♪

今回は数ある恐怖症の中でも、対人恐怖症の診断メーカーになります!

次の質問に「はい」か「いいえ」で答えてください!

はいの数で診断しますので、数えておいてください。

①飲み会などの大勢の人がいる場が苦手

②ビジュアルに自信がない

③他人に悪口を言われている気がする

④仲間はずれにされている気がする

⑤相手に気を遣う方だ

⑥発表になると頭が真っ白になる

⑦発表のときに手足が震える

⑧誰かに見られている、監視されているような気がする

⑨人と食事をすると緊張する

⑩上手く話せないと後悔する

⑪自分が臭いと思う

⑫初対面の人と話すのを避けてしまう

⑬人に話しかけると冷や汗が出る

⑭不安で胸が苦しくなる

⑮自分の意見を人に言うことが出来ない

⑯人前で話していると顔が赤くなる

⑰人の目を見て話せない

⑱自分の本音を言えない

⑲電話にはなるべく出たくない

以上です。


みなさんは何個でしたか?


私は2個でした(笑)

まったく心配いらなかったです(^^;

はいの数が多いほど対人恐怖症の傾向があります。

人見知りの人はいくつか当てはまるとは思います。

もし、
14個以上当てはまるようなら対人恐怖症の可能性があります(><)

克服したいと考えているのであれば、一度精神科を受診しましょう♪


【ただの怖いと恐怖症の違いは?その診断基準とは?!】

誰しもが何かしらに恐怖や不安を感じるとは思います!

私も怖いものはたくさんあります!

虫もダメ、オバケもダメ、地震やカミナリなどの自然災害にも何とも言えない恐怖を感じます(><)

怖いには怖いですが、恐怖症だ!とは思わないし言われたこともないです!

では、
その普通の反応と、恐怖症と名前のつく診断をされるのとでは何が違うのでしょうか?

もちろんその明確な診断基準があります!

何かに強い恐怖を感じていたとします。

その「恐怖刺激」により日常生活や社会生活に支障をきたしたりするようになると、

それは恐怖症と診断されるようです。

多くの人は、
怖いとは思っても日常生活が送れなくなったりはしない場合が多いと思います!

そこが恐怖症と単純に「怖い」と感じることとの違いです。

恐怖の対象を避けるあまりに、神経質になり過ぎるのも1つの症状のようです。

症状が半年間以上続き、本人や周りの人が困ったり精神的苦痛がある。

日常生活や仕事に大きな影響が出てしまう。

このような場合は病院に行き相談してみてください(^^)

なかには病院に行くのはなるべく避けたいという方もいるかもしれないですね。

信頼できる人に一緒に付き添ってもらって、自分の症状と向き合ってみてください(^^)


【まとめ】

自分は恐怖症かもしれない…!

と疑っていた方、当てはまっていたら病院に行くことも考えてみてください(^^♪

私のように、何にも当てはまんなかった(・∀・)

という方はそのまま穏やかな日常を送ってください(笑)

なぜ恐怖症になるのか、原因は不明のようですが治療法は確立されています!

自分が向き合う気持ちがあれば治せるので、勇気を持って一歩踏み出してみてください♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました