スポンサーリンク

自由研究まとめ!方向性を画用紙に記し低学年の小学生も書き方次第で簡単に!?

スポンサーリンク

新学期が始まった!と思っていたのも束の間。

気づけば、もうすぐ夏休み!

夏休みの宿題で最も頭を悩ませるものの一つは、「自由研究」ではないでしょうか?

うちの子は低学年だし、そんな難しいことはできない・・・

そんなお困りのあなた、

簡単かつ、達成感のある「画用紙を使った”まとめ”」を今年の自由研究にしてみませんか?


スポンサーリンク

“まとめ研究”には、なにを書くの?

各学校(先生)によって、決まりがあるかもしれませんが、

一般的に必要な項目は、大きく以下の6点になります。

① タイトル

② 学年 / 組 / 氏名

③ なぜこのテーマを調べたいと思ったのか?

④ 研究方法(実施日時・使用した道具・材料・条件など)

⑤ 研究過程

⑥ 結果 / 結論(気づいたこと・わかったこと・反省点など)

学生時代、「5W1H」という言葉を習いませんでしたか?

 <When (いつ)>

 <Where (どこで)>

 <Who (だれが)>

 <What (なにを)>

 <Why (なぜ)>

 <How (どのように)>

聞いたことあるけど、これなんだっけ・・・?とお思いの方もいらっしゃるかもしれませんね。

これは、プレゼンや報告書、文書作成などに用いられる基本要素のこと。

子どもの自由研究においても、まさにこの5つを網羅すれば、

自然と誰にでもわかりやすい”まとめ”が書けてしまいます。

何に書く?画用紙?模造紙?スケッチブック?

たくさん大きな絵を描きたいから、大きな模造紙がいいんじゃない?

絵を描くなら、やっぱりスケッチブックじゃないの?


まとめた研究を「何に」書くのか。

一言に用紙といっても、様々な選択肢があります。

それでは代表的な4種類について、それぞれの特性を見てみましょう。

① 画用紙

  - 枚数に制限がなく、好きな枚数を綴じることができる。

  - 実験・観察など、工程があるものは、ページを分けることでわかりやすくまとめることができる。

  - サイズ展開が多く、自分に合った大きさを選ぶことができる。

② 模造紙

  - 一目で取り組みの全体が見えるため、インパクトがある。

  - 掲示板や新聞、ホームページ風などに仕上げることもできる。

  - 紙が薄く、途中で破けてしまうなど、低学年には比較的扱いが難しい。

  - 情報量がある程度ないと、スカスカになってしまう。

③ スケッチブック

  - 色が綺麗に出るため、絵の多いものに適している。

  - リングなどで、しっかり本になっているため、バラバラと散らばることがない。

  - ページ数が決まっているため、足りない or 余るなどの問題が出てくる。

④ レポート用紙・ノート

  - じっくり読んでもらいたい、文字情報の多いものに適している。(どちらかというと高学年向け)

  - 持ち運びに困ることが、ほとんどない。


実際に画用紙に書いてみよう!

それでは画用紙を使った”まとめ”研究を進めていきましょう。

① レイアウトを決定する

  まずA4コピー紙など、別の小さな紙にレイアウトを書いてみましょう。

  いきなり大きな画用紙に書くのは、失敗のもと!

  絵や写真の数、これらをどこに配置するのか、

  文字として、どんな説明を、どの位置に書き入れるのかなど、

  ある程度確定させていきます。

  あまり密に書くことは避け、適度に空間を持たせて、見やすさを意識しましょう。

  このレイアウト段階で、大まかなイメージを作っておくことで、

  間違って何度も書き直し、という事態を防ぐことができます。

  また、ここが決まると、画用紙の枚数も確定するので、

  予備を入れて何枚の画用紙を用意すべきかが見えてきますね。

  1つ注意点です。

  枚数が複数に渡る場合は、綴じる部分(余白)を残して、レイアウトを書いていってくださいね。


  
② 本番の紙に下書きをする

  ここからは本番の紙を使用していきます。

  後から消しゴムで消すことを前提に、

  タイトルや氏名を書く欄、絵や写真の枠を、鉛筆で薄く書いていきます。

  枠が書けたら、絵の輪郭や文章も同様に、鉛筆で書いていきましょう。

  面倒ではありますが、この工程は必ずやりたいところ。

  なぜ鉛筆で下書きをするかというと、本番の紙には、消えないペンで書いていただきたいから。

  鉛筆やフリクションペンで書くと、持ち運びの間に擦れてしまったり、

  掲示期間中に日光などで薄くなったりする恐れがあるからです。

  せっかくの力作が台無し・・・なんてことにならないよう、ぜひ油性ペンを使いましょう。

  お察しの通り、いきなり油性ペンで書いてしまうと、失敗した場合、

  最初から書き直しになります。

  手間だけではなく、子どもたちのモチベーションまで下がってしまいますから、

  これは何としても避けたいですね。


  
③ 油性ペンでなぞる

  下書きが書けたら、いよいよ油性ペンの出番です。

  先ほど鉛筆で書いた線を、しっかりなぞっていきます。

  ペンの色については、一面カラフルにしたい子もいるかもしれませんが、

  見やすさを重視し、基本的には黒や紺などを使用、

  タイトルや強調したい部分にのみ、他の色を使う程度に留めましょう。

  
  絵に色を塗る場合は、油性ペンでの縁取り後、鉛筆の線を消してから行いましょう。

  色を塗ってから線だけ消そうとすると、誤って色の部分まで消してしまう恐れがあるからです。


④ 下書きの鉛筆を消す

  消しゴムを使って、下書きの線を消していきます。

  強く大きく消しゴムを動かすと、画用紙を傷つけたり、破れたりする可能性があるため、

  小刻みに力を入れすぎずに消していくよう、心掛けましょう。

  最悪、破れた部分はテープなどで止められますが、

  やはり1番綺麗な状態で、みんなに見てもらいたいですよね!


⑤ 画用紙を綴じる

  複数枚に渡った場合は、1つにまとめましょう。

  パンチで穴をあけて紐を通す方法が一般的ですが、

  枚数が少ない場合は、ホッチキスで止めてもいいでしょう。

  ただし、コピー紙とは違い、1枚1枚に重みがあるため、

  ホッチキス1箇所止めでは危なければ、製本テープを使うなどして、補強すると安心です。



  

まとめ

いかがでしたか?

自由研究は、低学年であればあるほど、親御さんのフォローなくしては進められない宿題です。

自分がやっていた頃を思い出しながら・・・といっても、

なかなか記憶に薄い部分が多いですよね(笑)

こうして手順を追って整理してみると、案外簡単ではなかったでしょうか?

手順がわかれば、あとは子どもたちが書きたいことを引き出すのみ!

普段から興味のあるものを選択肢として挙げてあげると、

子どもたちから、意外な?!アイデアが飛び出すかもしれません。

「5W1H」に基づいて、なぜこれを選んだの?どうやってやるの?と質問しながら、

読者に伝わりやすい内容を、どんどん引き出してあげましょう。

昔からの先入観で、「宿題=めんどくさい」と嫌煙してしまいがちですが、

ぜひ大人も一緒に楽しむ姿勢で、子どもたちをサポートしてあげてくださいね。

大人には思いもつかなかった発想に、こちらが勉強させられるかもしれません!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました