スポンサーリンク

珈琲の漢字にはこんな由来があった!意外と知らない○つの真相!

スポンサーリンク
コーヒー
スポンサーリンク

街でよく目にするコーヒーの漢字、「珈琲」と書きますよね!

なぜこの漢字になったのか、疑問に思ったことはないですか?

私も何でだろうと思ったことはありますが、

安易に作りが「カ」と「ヒ」なのでカーヒー…

コーヒーに似てるし伝わらなくもないからなぁ、

当て字なのかなぁぐらいに考えていました(^^;

ですが、
実は調べてみると当て字などではなく、きちんとした由来があったのです!

なぜこの漢字なのか!

分かりやすく解説していきます♪


スポンサーリンク

【コーヒーの漢字はなぜ珈琲なのか!コーヒーの歴史を年表で学びながら由来を紐解く!】

まず珈琲とは、日本語表記になるのでいつ日本でコーヒーが飲まれるようになったのか、

コーヒーの歴史からお勉強していきます♪


☆コーヒー年表☆

・900年頃

アラビア人の医師ラーゼスか初めてコーヒーについて文献にまとめた

・1258年頃

イスラム教徒のシーク・オマールがコーヒーが飲みものとしても飲めることを発見

コーヒーの起源と言われています。

・1554年頃

トルコのコンスタンティノープルに、世界で初めてのコーヒーハウスがオープン

・1601年

コーヒーという言葉が、W・パーリーの著書「シャーリー旅行記」で、

coffe(コッフェ)と現代英語に近い形で登場

この頃、1600年代には世界各国で次々とコーヒーハウスがオープン!

日本には1600年代、江戸時代初頭にオランダから伝わったと言われています。

ですが最初はなかなか受け入れられなかったようです(^^;

・1727年

ポルトガル植民地のパラ(ブラジル北部)にコーヒーの種子と苗木が持ち込まれる。

コーヒー豆世界一の生産量を誇るブラジルに、最初のコーヒー農園ができる。

・1907年頃

アメリカでインスタントコーヒーが軍事用品として製造される。

その後第二次世界大戦後に一般にも普及した。

・1963年頃

国際コーヒー機関(ICO)設立。

・2015年

10月1日が「国際コーヒーの日」に制定される。

長い歴史の中で他にも出来事はありましたが、

簡単に表にまとめるとこのような歴史を辿っています♪

日本には江戸時代に入ってきたんです!

その当時コーヒーの日本語を作らなければならなくなり、

宇田川榕庵(うだがわようあん)という人物が、

コーヒーの赤い実が木になっている様子が髪飾りのかんざしに似ていることに気付きます!

そこで髪飾りに使われる玉飾りの意味のある「珈」の漢字と、

髪飾りの紐の意味がある「琲」を合わせて珈琲にしたと言われています!

なんとも粋なネーミングですね(^^♪

ちなみに日本では明治時代に入ってから多くの人に受け入れられ、

飲まれるようになったようです(^^)


【コーヒーの漢字の由来と歴史を本で学ぼう♪】

今回は簡単にコーヒーについてお伝えしましたが、漢字の由来も含め、

もっとより詳しくコーヒーの歴史を知りたい方!

おすすめの本があります(^-^)/

旦部幸博さんの著者、「珈琲の世界史」(講談社)です!

約250ページすべてでコーヒーについて語った本です!

コーヒーの発祥や世界に伝わった経緯、

漢字の決まった経緯もより詳しく書かれている本です♪

歴史が好きな文系の人向けに書かれている本なので、

理系の知識がなくてもスラスラ読むことができます!

興味のある方はぜひ読んでみてください!(^^)


【まとめ】

コーヒーについて歴史や漢字の由来など、一緒に勉強してきました(^^♪

いかがですか?

コーヒーが飲みたくなりますね(笑)

私は1日で何杯かコーヒーを飲みました(笑)

読書のお供にコーヒーはいいですからね♪

先ほど紹介した本を読む時一緒に飲むといいかもですね(^^)


ただ、知っての通りカフェインが含まれているので、飲みすぎには注意です!

コーヒーを知ってよりコーヒーを楽しみましょう♪

コーヒー珈琲
スポンサーリンク
スポンサーリンク
swollaws1をフォローする
スポンサーリンク
価値のある情報を提供。

コメント

タイトルとURLをコピーしました