スポンサーリンク

会社でクビになったらその後退職金は貰える?条件○分かり!?

スポンサーリンク

会社を解雇、いわゆるクビになりそう…!

クビの場合は退職金がもらえるのか?

気になるところですよね!

どのような場合には退職金がもらえるのか、どんな手続きが必要になるのか

退職金をもらうための条件をお伝えします!


スポンサーリンク

【クビと退職金の関係性とは?退職金をもらうためにその条件について知ろう!】

クビ、難しい言葉で「解雇」とも言いますね。

解雇には様々な種類があり、その種類によって退職金がもらえるのか、

もらえないのか変わってきます!

そしてもうひとつ重要なのが、会社の制度です。

実は退職金は法律によって決められている権利ではないのです!

各会社が就業規則に退職金について記載します。

退職金について制度を設けている会社とそうでない会社とあるので、

まずそこの確認をしてください!

退職金は支払うかどうかの判断は雇用主、つまり会社側にあります。

退職金制度があれば退職金は支払われるます!

安心してくださいね!

ではここで、先ほどお話した解雇の種類によっての退職金の支払いについてみてみましょう(^^)

[普通解雇の場合]

普通解雇とは、会社都合で行われる解雇です。

病気などにより業務を続けるのが難しい場合、業務成績が悪い、

協調性がないなどの理由です。

人員削減のための整理解雇もこれに分類されます。

この普通解雇の場合は、退職金制度があれば必ず支払われます!

むしろ、その後の生活を考えて多めにもらえる事が多いようです!

ですが、会社の業績が悪い場合には全額カットや減額もありえるようです。


[懲戒(ちょうかい)解雇の場合]

懲戒解雇とは、長期間の無断欠勤や、横領、不正、犯罪行為など、

会社に多大な損害を与えた場合に行われます。

企業によっては規約で、懲戒解雇の場合は退職金を不支給、

減額を規定している場合もあります。

ですが、この場合でも退職金はほとんどの場合で支払われるで、

後ほど詳しく解説します!

会社の規則として退職金が保証されている場合は、

余程のことがない限りは支給されます。

それでも支給されなかった場合は労働関係に強い弁護士さんに相談してください!


【懲戒解雇になっても退職金をもらう方法!その条件とは一体?】

では先ほど触れた、懲戒解雇の場合に退職金をもらう条件です。

懲戒解雇でも会社に退職金制度があれば原則として支払われます。

ですが、その懲戒解雇の理由が問題です。

今までの会社での頑張りを打ち消す程の悪い事をした場合には、

支払われない事がほとんどのようです。

逆に言えば、

懲戒解雇であったとしてもこれ程悪質なことでなければ退職金が保証されているという事です!

これは裁判所も支払いを認めてくれます(^^)

ほとんどの場合で支払いが保証されている退職金ですが、

手続きしない事にはもらえません。

退職したら会社が勝手に振り込んでくれるものでもないのです!

では退職金をもらう手続きとはどのようなものなのでしょうか?

退職した場合、会社から「退職金共済手帳(退職金請求書)」が渡されます。

そこに必要事項を記入し、指定期間で手続きをする必要があります!

しかも退職金はいつでももらえる訳ではなく、期限が決まっています。

その期限は、退職日から5年となっています!

新しい職探しで大変になるとは思いますが、忘れずに請求しましょう!

また、退職金からも税金はとられます(><)

ですが「退職所得控除」と言う、税負担を減らす制度があります。

これをするには、会社に「退職所得申告書」を提出する必要があります。

これを提出すると会社側が手続きを行ってくれるのでこちらも忘れないようにしましょう!


【まとめ】

急なクビだととっても焦ってしまいますね(^^;

それに退職の手続きに慣れている人なんてそういないと思います。

不慣れな事も多いとは思いますが、

就業規則に退職金ついての記載がある場合は正当な報酬です!

きちんと受け取れるうに手続きを忘れないでくださいね(^^)

コメント

タイトルとURLをコピーしました