スポンサーリンク

水下痢と腹痛の症状が有!早くどうにかしたい方へ○○!

スポンサーリンク
水下痢
スポンサーリンク

とにかく辛いお腹の不調。

水っぽい下痢や腹痛、嘔吐などの症状があり、

熱もあるようならそれは感染性胃腸炎かもしれないです…!

感染性胃腸炎はインフルエンザなどと違って一年中起こる可能性のあるものです(><)

胃腸炎にならないために何をするべきなのか?

一体何が原因なのか?

原因や対策なども含め、感染性胃腸炎について徹底的に解説していきます(^^♪


スポンサーリンク

【水っぽい下痢、腹痛、吐き気。急に来るその症状、実は感染性胃腸炎だった!】

感染性胃腸炎の主な症状は腹痛、下痢(水っぽい場合もあり)、吐き気、嘔吐、発熱などです。

その時々で症状の出方はさまざまで、熱の出ない場合もあります!

私も今までに2回なったことがありますが症状の出方は違いました。

1度目は下痢がひどく、熱や嘔吐はあまりなかったです。

しかし、
2度目は下痢も嘔吐とひどく、熱も出ました。

毎回同じような症状が出るわけではないので、「これは…?」みたいな事もあると思います!

ですが、
水っぽい下痢があって嘔吐もするようだったら大体は感染性胃腸炎なので

安静に過ごしてくださいね♪

2〜3日程で症状は収まります!


【水っぽい下痢と腹痛などを引き起こす感染性胃腸炎。 何に感染するとなるのか?原因は1つじゃなかった!】

続いては、
そんな辛い症状を引き起こす感染性胃腸炎を防ぐための話をしていきます!

防ぐためには原因を知らない事には防げないので原因から解説します!

実は感染性胃腸炎には原因が2つあります。

まず1つは細菌性胃腸炎です。

細菌の種類は腸管出血性大腸菌や、

カンピロバクター、サルモネラ菌、チフス・パラチフス、赤痢菌などです。

症状は腹痛、水っぽい下痢、吐き気、嘔吐、発熱です。

細菌性の場合は血便が出ることもあります。

細菌性胃腸炎、食中毒とも言われますが、

感染した食品を食べる事によって感染します(><)


そして原因となる食品で何に感染したのかの判断ができます!


鶏肉・・・カンピロバクター

卵・・・サルモネラ菌

牛肉・・・腸管出血性大腸菌とサルモネラ菌

牛レバー・・・腸管出血性大腸菌とカンピロバクター

などです。


細菌性の場合は夏に流行る事が多いです!

細菌の繁殖を防ぐためにも、夏場は次のことを気をつけましょう!

・食べ物を常温のまま長時間放置しない

・食べ物にしっかり火を通す

・賞味期限、消費期限を守る

です!

そしてもう1つの原因がウイルス性胃腸炎です。

主な原因はノロウイルスです。

症状は同じように、水っぽい下痢や吐き気、嘔吐、発熱です。

感染経路も同じく、感染した食品を食べる事で感染します。

ノロウイルスはそのほとんどが牡蠣に含まれています!

生で食べるのはなるべく避けましょう!

ノロウイルスは細菌性とは反対に冬に流行ります。

冬場には、次のことを気をつけましょう!

・生の海産物、主に牡蠣は避ける

・しっかり火を通す

です!

どちらも症状や感染経路は非常に似ています!

しかし治療方法は少し違います。

細菌には抗菌薬がありますが、ウイルスには特効薬がありません。

どちらの場合も自然治癒の傾向が強いため、対症療法になる場合が多いです。

ですが、
細菌性の赤痢や、チフス・パラチフスの場合は抗菌薬を使っての治療が施されます!

腸管出血性大腸菌やカンピロバクター、サルモネラ菌が原因だった場合も、

状態にっては投薬する場合もあるようです。

薬があると言ってもらえる方が患者側からしたら気持ちが楽ですよね(;▽;)

しかし、
薬があるからと言ってもならないように気をつけましょう!


【まとめ】

感染性胃腸炎の2種類についてお話してきました!

今も辛い思いをしている方もいるかもしれないですね。

何度か経験している私から、アドバイスさせていただきます!

とにかくウイルスや菌を出さない事には良くなりません(><)

トイレから出られなくて辛いとは思いますが、我慢せずに出し切ってください!

出し続けると体から水分が失われていくので水分補給を忘れずに!

食事は無理にとらなくても大丈夫なので、

食べられそうになったら消化にいいものから食べてください♪

ゆっくり安静に過ごして治してくださいね(^^)

水下痢
スポンサーリンク
スポンサーリンク
swollaws1をフォローする
スポンサーリンク
価値のある情報を提供。

コメント

タイトルとURLをコピーしました