スポンサーリンク

突然の酷い腹痛!冷や汗で顔面蒼白!下痢痺れは危険な予兆だった!?

スポンサーリンク
腹痛
スポンサーリンク

あなたは、
意識が飛びそうになるほどの腹痛に襲われた経験はありますか?

下痢や吐き気、時には嘔吐などの症状も一緒に出ることはよくありますが、

冷や汗が出たり手足が痺れるという症状も一緒に出ると、注意が必要です(><)

腹痛の中でもあまり聞きなれないけど、気を付けないと行けない病気についてご紹介します!

スポンサーリンク

【腹痛や下痢、治まらない吐き気…冷や汗が出るほどのこの症状、何の病気?】

突然の激しい腹痛で意識が朦朧としてくる…

下痢や吐き気で冷や汗が止まらない…

終いには失神していた、なんて経験をした人はいませんか?

それ実は、
「迷走神経反射」という病気の可能性があります!

聞きなれない病名ですが、どのような症状がどのような時に出るのか解説します。

まず迷走神経とは、

頭部や頸部、胸部、腹部 (骨盤を除く) のすべての内臓に広がっている神経で、

感覚、運動、分泌を支配しています。

肉体的、精神的に強いストレスや激しい痛みが加わると、

それが引き金となり「迷走神経」が刺激され、

腕や脚にある末梢血管が広がってしまいます。

すると、
血圧が急激に下がり、脳へ送られる血液が少なくなるので、

意識を失うことがあります。

この症状を「迷走神経反射」と言います。

要するに、脳へ送られる血流が大きく関わっています!

突然の冷や汗が出るほどの腹痛とどう関係するのかというと、

腹痛と共に下痢や嘔吐があると、

急に体から水分失われてしまい、循環血液量が減ってしまいます。

そうするとやはり脳へ送られる血液が少なくなってしまうため、

迷走神経反射が起こることがあります。

朝の満員電車などでは、ストレスが体に加わりやすく、

また立ちっぱなしの状態で脳への血液が少なくなりやすい状況なので

迷走神経反射が起こる確率が高くなりす。

満員電車で通勤通学している人は要注意です!

規則正しい生活や、
手足を動かして血流をよくすると防ぐことが出来るので意識してみてください♪


【腹痛や下痢、吐き気、そして寒気のある場合に考えられる病気とは…?】

様々な原因がある腹痛ですが、

下痢や吐き気と共に寒気があったり発熱もみられたりする場合は、

食中毒や、ノロウイルスなどによる感染性胃腸炎の可能性があります。


これらは一年を通じて発症しますやが、細菌によるものは夏場にかけて集中し、

ウイルスによものは毎年秋から冬にかけての流行がみられます。

これらの病原体のほとんどが、食べ物や飲み水などを介して体内に侵入します。

きちんと食材に火を通すことや、

手洗いうがいをきちんとするとこで防ぐことは出来るので、気を付けましょう!

食中毒として有名な細菌のO157は、75℃のお湯で1分間加熱すると死滅します。

そんなに難しくないと思うので、流行する時期には意識して調理しましょう!

ノロウイルスは、

ウイルスに感染した牡蠣などの二枚貝などを生で食べて感染する場合が多いです。

なので、

流行する冬場に生の海鮮物を食べる際には少し心しておいたほうがいいです(^^;

その他、
感染者の吐しゃ物に触った場合も、

きちんと手洗いをしないとそこから感染する可能性もあるので、

ご家族で感染者がいる場合は注意が必要です!

感染性胃腸炎は自分の意識次第で防ぐことが出来るので気を付けましょう!


【まとめ】

私もよくなりますが、腹痛は本当にツラいです(><)

防げるお腹の不調はしっかり予防をしてあげて

胃腸に負担をかけないようにしてあげましょう(^^)

冬場は風邪もひきやすくなりますし、何よりインフルエンザも大流行しますね…

すべての病気を防ぐために、手洗いうがいの徹底と規則正しい生活を心掛けて、

毎日元気に過ごせるようにしていきましょう♪

腹痛
スポンサーリンク
スポンサーリンク
swollaws1をフォローする
スポンサーリンク
価値のある情報を提供。

コメント

タイトルとURLをコピーしました