スポンサーリンク

腹痛なのに下痢も微熱も吐き気もなし。あの恐ろしい○○を引き起こす事も!?

スポンサーリンク
腹痛
スポンサーリンク

突然襲ってくるおなかの風邪。

様々な症状を思い浮かべますね!

腹痛、下痢、嘔吐、発熱、吐き気、食欲不振、、、

主にこれらがあげられますが、そこまでは調子悪くわない事もありますね。

熱も微熱ぐらいで吐き気や嘔吐はなし、とりあえずお腹が痛い(><)

これは果たしていわゆるおなかの風邪なのか?

胃腸炎やそれ以外の腹痛の原因を解説します!


スポンサーリンク

【腹痛はあるけど下痢なし嘔吐なし。放っておいても大丈夫…?】

様々な要因で起きる腹痛ですが、

どういう痛みなのかを知ることでその原因を知る大きなきっかけになります。

いつ頃から痛むのか、急に痛くなったのか、前から痛いのか、

前から痛かったけれどその痛みが強くなってきたのか、などです。

よくあるおなかの風邪と呼ばれる、ウイルスや細菌が原因の感染性胃腸炎は、

急な腹痛と下痢、嘔吐、発熱を伴う場合もあるので分かりやすいと思います!

このような場合は病院で診てもらい、お薬を貰って2-3日安静にしていましょう(^^)

下痢や嘔吐がある場合は脱水症状になりやすいので、水分補給は忘れずに!

また食欲がない場合も、無理に食べることはないので胃腸を休ませてあげましょう♪

ただの腹痛だけで、下痢もなし嘔吐もなしの場合は少し様子をみてみましょう。

あまりにも痛むようなら、

他の病気も考えられるのでお医者さんに診てもらうのがいいと思います!

注意が必要なのが、

腹痛があり下痢はないけど嘔吐や吐き気がある場合です。

腹痛があり嘔吐する場合は消化器系の病気を想像しがちですが、

下痢がない場合は重大な血管の病気の可能性があるようです。

心臓の大事な血管である冠状動脈が詰まってしまう心筋梗塞や、

肺で詰まる肺梗塞、

脳の血管が破れて脳内に血液が流れてしまうくも膜下出血などです。

これは最悪の場合死に至る病気ですので、

少しでも普通の腹痛と違うような異変を感じたら病院で診てもらうようにしましょう!


【腹痛はあるけど下痢はなしの場合、どんな薬を飲むのがいいの?】

腹痛などの痛みを和らげるお薬には2種類あります!

1つは内臓痛などに使用する腸管の運動や緊張を和らげる薬です。

そしてもう1つは頭痛などに使う解熱鎮痛剤です。

バファリンなど、こちらの方がよく飲まれている薬ですね♪

ですが胃炎や胃潰瘍などの痛みには、解熱鎮痛剤は逆効果のようで、

症状を悪化させてしまうので注意してください(><)

胃腸の痛みを和らげる薬として鎮痙薬(ちんけいやく)を使います!

当然ですが
下痢なしの腹痛の場合は、下痢止めなどは必要ありません。

もし薬局で市販の鎮痙薬を買う場合は

薬剤師さんに聞けばいいお薬を紹介してくれるので聞いてみてください♪

また、
便秘でお腹が張って痛いなどの場合は腸の動きを促すお薬を飲みましょう!

私も便秘持ちでちょこちょこ薬のお世話になりますが、

最近の薬は刺激が少なく

お腹を下して一気に出すなんてこともあまりないのでおすすめです♪

薬に抵抗のある人もいるかとは思いますが、

しんどい時は薬に頼らないと安静にもしていられないので

薬を飲むことをおすすめします(^-^)/


【まとめ】

腹痛と言っても様々ですね!

まさか心筋梗塞やくも膜下出血などと繋がってくるとは

思わなかったんではないでしょうか(^^;

ただの腹痛と甘く見てはダメです。

何かいつもと違う症状や様子があれば

すぐに病院へ行って専門の先生に診てもらってください!

何かあってからでは遅いので心配事があれば早めに解決しましょう!

また、
お腹の調子を整えてくれる効果のある、

乳酸菌の入ったヨーグルトを食べるようにしたり、

乳酸菌飲料を飲んだりと常日頃から気をつけているといいですね(^^)

自分の体と向き合いながら

いつまでも健康でいれるように心掛けていきましょう♪

腹痛
スポンサーリンク
スポンサーリンク
swollaws1をフォローする
スポンサーリンク
価値のある情報を提供。

コメント

タイトルとURLをコピーしました