スポンサーリンク

ラインは電話番号なしで登録できる?変更で子供に引き継ぎできる?

スポンサーリンク
ライン電話
スポンサーリンク

今ではLINEは生活インフラの一部といってもいいくらい

毎日の生活に欠かせないものとなりました。


文字や写真でのやりとりはもちろん

電話も全部LINEだよ!

という方も多いのではないでしょうか?

090や080で始まる電話番号を知らないお友達同士でも

やりとりができてしまっているので

もはや電話番号なんていらないのではとも思ってしまいます。


ですがあまり使わなくなってしまった電話番号が

新しくLINEのアカウントを取得するにはかなり重要なのです。


普段のやりとりには

電話番号のことなんて気にもしないのに不思議ですよね?

実際にはLINEをインストールするそのスマホではなくても

固定電話の電話番号でもアカウントを取得することはできますが

番号が登録されていないアカウントでは

ID検索の許可をしたり

LINE payを使うことができません。



逆に言えば電話番号の登録がないLINEなら

モバイル決済で使い過ぎてしまったり

知らない人や、LINEのIDを知られたくない人からの

友達申請を防ぐことができそうです。



お子さんに持たせるにはいいのかもしれませんよね?

またID検索やLINE Payを使わないのなら

一度アカウントさえ取得できれば

電話番号の登録を削除した状態でLINEを使うこともできます。



とっても便利でよく使うサービスだからこそ

仕組みやセキュリティについて詳しく知りたいですよね?

この記事では

LINEアカウントに電話番号が登録されていることのメリットとデメリット

電話番号が登録されていなくてもできる限り快適に使う方法

電話番号の登録を削除する方法

について見ていきたいと思います。



スポンサーリンク

ラインで電話番号の登録を削除するメリットとデメリット。電話番号が今でも大事な理由。

LINEのサービスを利用するには

電話番号を登録しておくことが基本とされています。


ですが

電話番号を使用して新規登録

登録が完了したアカウントとFacebookのアカウントを連携する

紐付けが済んだら一度スマホからLINEのアプリを削除
(アカウントではなくアプリ)


再度LINEアプリをインストール

電話番号ではなく連携させたFacebookのアカウントでログイン


という方法でアカウントから電話番号の情報を削除した状態で

LINEを使用することができます。

でも電話番号が登録されていることを前提として作ってあるLINEを

電話番号なしで使ってしまうのは

何か問題が発生したらどうしようかと心配になってしまいます。


LINEで電話番号を登録する意味や

登録しておくことのメリットとデメリットとはどのようなものなのでしょうか?


LINEはメールや電話のようなもののように見えますが

実はSNS、人と人との繋がりを広げるためのサービスなんです。


InstagramやFacebookのような

たくさんの人と繋がって交流する場としての機能があります。

そのためどうしても望まない他人とのやりとりが発生する可能性があります。


電話番号やメールアドレスは文字と数字の羅列です。


ランダムに打ち込んで

たまたまあなたの電話番号やメールアドレスになることもあるのです。


たまたまあなたに送られてきたメッセージに反応があったことで

何がよからぬ事を企む人たちに

何かの犯罪に使うのにもってこいの、

稼働中の電話番号だと認識される可能性もあるのです。


同時に各市町村の公式LINEアカウントが多数存在するように

今では重要な社会インフラの一つでもあります。


こうした側面を持つLINEだからこそ

初めてアカウントを取得するときや

重大な設定を行うときなどに

電話番号を使用しての「二段階認証」が必要となるのです。


そしてその電話番号は

信頼されるところから発行された「お墨付き」を与えられた番号である必要があるのです。


これがLINEの登録や手続きに電話番号が必要な理由です。


LINEの新規アカウントを作るためには

LINEを使いたいスマホ本体電話番号はもちろん

データ専用SIMの中でも

通話ができなくてもショートメールは使えるというSMS付きデータSIMや

おうちの固定電話でも大丈夫です。



新規登録の際に電話番号を使用する場面では

登録画面で入力した電話番号にショートメールで送られる

「承認番号」を受け取るという作業が必要になります。


この作業は「承認番号を音声で受け取る」という選択が可能で

自動音声ガイダンスで流れてくる数字を聞き取って

スマホの登録画面に打ち込むという作業で代用することができます。


一方でSMS付きデータSIMや固定電話ではできない承認作業もあります。

それがID検索とLINE Payの登録です。

こちらでは「二段階認証」という役割以外に

「年齢確認」という作業に

大手キャリアが各電話番号と一緒に管理する

私たちの「生年月日」という登録情報が重要な役割を果たします。


ID検索を許可すると

直接会うことなく、IDさえわかれば友達登録をすることができてしまいます。


LINEではそれを18歳以上のユーザーにしか許可していません。


18歳以上である事を確認する方法として

大手キャリアでの電話番号の登録情報を利用しているのです。

現在のところ

au、SoftBank、ドコモ、ワイモバイル、の4社と

LINEが運営するLINEモバイルのみが

電話番号での年齢確認が可能になっています。


ではそれ以外の格安SIMなどでは

直接会うことでしかLINEの連絡先を交換することができないのでしょうか?


実は他にもLINEの連絡先を交換する方法はあります。

それは

「友達追加用のQRコードやURLを作って送る」という方法です。

LINE以外の連絡先を知っていることが前提になりますが

相手にそれを送ってそのリンクを開いてもらうことで

友達登録をすることができます。


そしてもう一つの気がかり

LINE Payですが、モバイル決済ですので

「全く使わないよ」

という方も多いかと思います。


LINEから電話番号を削除するデメリットというのは

このくらいなのです。

これくらいなら削除した安心感の方を取るかなという方もいらっしゃるかなと思います。


使うのがお子さんなら尚のこと

LINE Payも含めてモバイル決済はさせないというおうちの方が多いでしょうし

スタンプが購入したいという目的なら

親のアカウントから購入してプレゼントという手順を踏んでもいいですね。



友達登録も学校などで実際に会うお友達がほとんどでしょうから

ID検索もそこまで重要ではないかもしれません。


そういった場合は上のように

Facebookを使った再インストールで

電話番号を削除してしまうのも

セキュリティ対策としてとても効果的であるかと思います。


ラインの電話番号変更、機種変更は難しくない?引き継ぎの時に気にしたいポイント。

LINEの中では

電話番号がとても重要な情報であることは

お分かり頂けたと思います。


最近では格安SIMでも

MNP(ナンバーポータビリティ)で電話番号を引き継ぐことができるようになりました。


ですのでそこまで頻繁に変わることがないと思います。


とはいえ電話番号が変わってしまうとき

LINEでの手続きはどのくらい大変なものなのなのでしょうか?


実は一度きちんと出来上がったアカウントで

電話番号を変更するのは

あまり難しくはありません。


スマホそのものは変わらず

SIMカードの差し替えで変更する場合は

LINEアプリ内で簡単に変更ができます。


ホーム画面から歯車のマークの設定ページを開き

プロフィールの項目から「電話番号」の項目を選択します。


すると新しい電話番号を入力する欄がでてきますので

ここに新しい電話番号をいれるだけなのです。


先程お話したfacebookでのログインなら

新しい端末でインストールしたLINEアプリに

facebookのIDでログインすれば

新しい電話番号をいれる必要もありません。


とっても簡単ですよね?


アカウントをそのまま継続させることは

このようにそれほど難しくはありません。


ですが

機種変更で相手に迷惑をかけず機能を失わずに引き継ぎを行うには事前準備が必須です。



ほとんどの連絡がLINEでのやりとりという方は

家族間の緊急連絡もLINEということも多いかと思います。


仕事でのやりとりもLINEを利用している方も多いのではないでしょうか?


こうした連絡を滞りなく受け取れるように

LINEが使えない時間は出来る限り短くする必要があります。


これまでお話した電話番号の変更方法や

facebookでのログイン方法の確認、

メールアドレスやパスワードも

普段のLINEでのやりとりでは意識しないので

忘れている方も多いのではないでしょうか?



こうした作業中「あれ?」となってしまいがちな情報を

きちんと再確認しておきましょう。


また新しい端末でログインすると

前の端末のアプリは自動的に削除されてしまいます。


その際トークややりとりした写真は消えてしまうのです。


日常会話ならまだしも

大切な写真やスケジュールの連絡が消えてしまっては困ることも多いですよね?



こうした場合

トーク内容はバックアップを取っておくのが安心です。


写真の場合はアルバムに保存しておけば

消えずにまた見ることができますし

動画の場合は「キープ」という機能で残しておくことができます。


やりとりしているその方とのトークに残しておくのもいいですが

自分1人だけのグループを作って

そちらのアルバムやキープに保存するという方法もあります。


バックアップを取るタイミングだけではなく

普段から自分1人のグループに保存するクセをつけておくと

いろんな人とのトーク画面を行き来することなく

自分に必要な情報をひとまとめにしておけますよ。


便利だからこそ仕組みを理解しておきましょう!

いかがでしたでしょうか?

ここにもう一度ポイントをまとめておきましょう。

・通話やショートメールの使える番号が新規登録には必須

・本人確認のために確かなところから発行された電話番号が必要

・ID検索はQRやURLでもで代用きる

・LINE payは使わないと割り切ることも選択肢に

・登録番号はあとで削除できる

・引き継ぎの際はわからない項目をなくしておく

仕組みを理解した上で

メリットとデメリット、

安全性と利便性を天秤にかけて

LINEに電話番号を登録しておくか決められるといいですね。


ライン電話
スポンサーリンク
スポンサーリンク
swollaws1をフォローする
スポンサーリンク
価値のある情報を提供。
タイトルとURLをコピーしました